IOTAトリニティウォレット: 次のステップ

この記事は原題『IOTA Trinity Wallet: Next Steps』の翻訳です。
ご参考までに公開します。必要だと思われる部分には言葉や構成を補っています。私の力不足のため、えいやで翻訳されている部分もあります。

IOTAトリニティウォレット: 次のステップ

以前は「UCLウォレット」と呼ばれていたTrnity walletは、ロンドン大学の学生であるチャーリー・バレー(Charlie Varley)の修士論文として始まったプロジェクトでした。その意図は、IOTAコミュニティのためにIOTAウォレットの代替となるクロスプラットフォームのモバイルアプリケーションを開発することでした。当時、公式デスクトップウォレットとサードパーティのAndroidウォレットだけしかありませんでした。

過去数ヶ月にわたって、IOTAコミュニティの開発者がウォレットを開発するためにCharlieのプロジェクトに加わりました。これにより、多くの追加機能を組み込むことが可能になり、開発の速度が大幅に向上しました。

開発者たちの取り組みは、私たちがコミュニティを盛り立てることを狙った取り組みそのものです。このようなプロジェクトを支援する一つの施策は、エコシステムファンドです。これについてはもうまもなく多くの事が明らかになるでしょう。

 


ログインの手順

IOTA財団によるプロジェクトの吸収:

IOTAのビジョンは、Machine to Machineの経済圏をつくることです。IOTAがm2mへフォーカスしていることはプロトコル設計からも明らかであり、それが故に公式デスクトップウォレットが必要最低限であるのもIOTAコミュニティでは有名な話です。

IOTAコミュニティが成長し、技術的バックグラウンドが決して高くない人たちがプロジェクトに近づいてくるようになると、IOTAコミュニティーはより使いやすいだけでなく、さまざまなプラットフォームで動作するウォレットを必要とするようになりました。

そこで、IOTA財団はトリニティウォレットプロジェクトを吸収し、主要な開発者を雇用することを発表するに至ったのです。これまで私達が協力して進めてきたこのプロジェクトは、あくまでコミュニティ発のプロジェクトでした。この財団による新しいアプローチにより、可能な限り最高の体験を提供するべく、財団のリソースをプロジェクトの支援にあてることができるようになりました。

プロジェクトの創始者Charlie VarleyはIOTA Foundationの開発者として既に発表されており、この記事の後に2人の開発者が発表される予定です。これらの開発者は雇用されることで、ウォレットの開発に完全に専念することができます。

現在のGUIデスクトップ・ウォレットと同様に、Trinityウォレットのコードはオープンソースとなります。オープンソース化のために、ソースコードをリファクタリングしています(クリーンアップとシンプル化)。 ドキュメントは一定の水準にありテストとうまく統合されています。ソースコード公開によって、透明性とコミュニティ関与という2つの重要なことが可能になります。透明性はウォレットアプリにとって中核的に重要なことです。オープンソースにすることでIOTAコミュニティはコードを検証することができ、ウォレットの開発に貢献できます。

加えて、トリニティウォレットのシードの処理ロジックからJavascriptモジュールをつくる予定です。これは、IOTAウォレットを自分のWebアプリケーションやバックエンドのインフラストラクチャに追加しようとしているコミュニティメンバーにとって素晴らしいリソースとなります。

現在の状況:

ウォレットの開発は、iOSとAndroidの両方で150人のアルファテスト担当者がバグを熱心に報告し、開発者と協力し合うところまで進んでいます。かれらからの反応は圧倒的に良いものであり、選択した機能や設計を確固たるものにしています。

 


送金トランザクション手順

アルファテスト:

チームが全てのバグを見つけて解消できるように、プロジェクトへのフィードバックを充実させるべく、さらにアルファテスターを100人追加予定です。明日午後5時(中央ヨーロッパ時)に公式Discordに詳しい情報が掲載されたリンクを投稿します。

時期:

新しい開発者が研修を受けて開発が波に乗り、上記の変更を行うには多少の時間が必要です。
私たちは、IOTAコミュニティがこのプロジェクトが公開されることを数ヶ月待っていることを知っており、メンバーの中には遅れを失望している人がいることを理解できます。この遅れに関する決定は軽く行われたものではなく、これによってウォレットとその開発管理に対するコミュニティからの信頼感が高まることを願っています。

モバイルウォレットは今四半期にパブリックベータ版をリリースし、オープンソース化されます。私たちは、内容の良し悪しに関わらず、私たちがやっている仕事をより透明にします。毎週月曜日にDiscordの新しく作成された#trinityチャンネルに投稿していきます。

デスクトップウォレットのプライベートアルファテストは、今後4週間以内に開始されます。 ウォレットの準備が整った段階で#trinityチャンネルでテストするためのサインアップリンクを投稿します。

しかし、ソフトウェアプロジェクトの宿命として、この見積もりには多少の誤差がありうります。私たちはコミュニティの健全な発展のために、いずれはこのプロジェクトを再びIOTAコミュニティの手に委ねるよう努めるつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

hotic

IOTAが拓く未来に期待しています。技術で未来をきりひらきましょう。