IOTA財団によるCYBERCRYPTの起用

この記事は原題『IOTA Foundation hires CYBERCRYPT』の翻訳です。
ご参考までに公開します。必要だと思われる部分には言葉や構成を補っています。私の力不足のため、えいやで翻訳されている部分もあります。

IOTA財団によるCYBERCRYPTの起用

セキュリティの確保

自律的なデバイスやマシンが絶え間なく通信し、社会のあらゆる側面に影響を与える技術が偏在する時代において、セキュリティは非常に重要となります。このような時代に普及しているデバイスの大部分は、非常に小さなリソースでローカルに動作する小さなセンサとアクチュエータです。これは新しい発想と技術を必要とします。処理、帯域幅、バッテリ、ソフトウェアなどの他、暗号も含まれます。この実現に向け、軽量の暗号規格を開発し確立するための活発な取り組みが始まりました。

IOTAの未来

現在IOTAは、比較的ハードウェアに負荷のかかるNIST標準SHA-3 / Keccakを使用しています。重要な操作に対して、最大限のセキュリティを実現するためです。

2014年にIOTAのビジョンが始まって以来、私たちは‐つまり電気工学者、暗号技術者、分散台帳のパイオニアといった多様性のあるグループは‐、計算処理における新しい考え方でハードウェア面に取り組み始めました。IoTにおける究極の効率化のための、3進数に基づく次世代のマイクロプロセッサアーキテクチャがその結果です(バイナリに対するトライナリの優位性について掘り下げたブログ記事を近々公開します)。また、この新しいユビキタス領域(IOTAプロジェクトそのもの)を保持する接着剤として機能するソフトウェアプロトコルとプラットフォームの側面があります。そして最終的には、暗号学的要件が存在し、これこそ今回のアナウンスメントの中心事項となるものです。暗号学的要件は、最適な効率を要求するパラダイムシフトなのです。 Curl-Pに参加してください。Pはプロトタイプを意味します。

暗号プリミティブを作成することは簡単な作業ではありません。ドメイン内をいじくり回したりする者や、独創的な考えを思いついたりする者たちによる雑多なインプットや、徹底したピアレビューが必要です。IOTA財団はついにドイツに設立することを認められたので、Curl-Pを徹底的に検証されたハッシュ関数に成熟させる取り組みを加速させています。Curl-Pは、よく研究されたスポンジの構築を踏まえ、初期審査と悪用の試みを経ています。そして今こそ、これを徹底的な監査とその後の標準化に向けた反復的な改善を行う次の段階に成熟させる時期なのです。

IOTA財団はこの度、軽量暗号およびセキュリティで世界をリードするデンマークの企業CYBERCRYPT ApSを起用し、Curl暗号を次の成熟段階に進めます。

CYBERCRYPTは、コンピューティングベースが信頼できない場合であっても、特許出願中のキー抽出耐性のある暗号技術によって、あらゆるデバイスに強力な暗号保護とデジタルセキュリティを提供します。他の業界でも、CYBERCRYPTはIoTとFinTechの両方のサイバーセキュリティソリューションを提供しています。

CYBERCRYPTは、暗号技術の専門家らによって設立され、世界中の企業、スタートアップ、政府、その他の組織が利用できるサイバーセキュリティと暗号化に関する広範な経験を15年以上に渡り提供しています。世界をリードするスペシャリストのチームは、常に最高のコスト効率のセキュリティソリューションを顧客に提供するよう常に努めています。IoTデバイスに導入される暗号技術には、リソース効率が非常に重要となります。

CYBERCRYPTの創設者Andrey Bogdanovは、ISO/IECが国際的に標準化したPRESENTやSPONGENTといった著名な軽量暗号アルゴリズムを共同設計しました。SPONGENTは、Curlも属しているスポンジファミリーの主要軽量ハッシュ関数です。PRESENTは1500以上も引用された軽量暗号プリミティブであると見なされています。彼はまた、エネルギー消費量が小さくなるように特別に最適化された最初の対称暗号プリミティブであるMidoriや、認証付き暗号用のいくつかの専用軽量スキームなど、他の複数の軽量プリミティブスキームの設計で有名です。

この取り組みを監査し、さらにCurlを開発するために参加するAndreyのコメント

CYBERCRYPTは、IOTAの分散台帳技術をよりセキュアにするために働くことに興奮しています。私たちはCurl-Pのセキュリティ評価を行うために、暗号設計と暗号解読の分野から専門知識を使用できることを嬉しく思います。Curl-Pハッシュ関数の興味深い技術的特徴は、それがトライナリであることです。つまり、その徹底的な分析には、標準的な暗号解読のための道具箱をトライナリの場合に合わせる必要があります。

IOTA財団は、Curlの実用性を確保するために、軽量暗号の専門知識を持つ世界有数の暗号学者を迎え入れることに興奮しています。私たちはこの歴史的な開発にすべての暗号学者が参加するのを歓迎します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です