IOTAとITICのパートナーシップ締結

この記事は原題『IOTA partners with ITIC』の翻訳です。
ご参考までに公開します。

IOTAとITICのパートナーシップ締結

IOTA partners with ITIC』より引用

投稿者:Dominik Schiener
投稿日:2018年01月05日

嬉しいお知らせです。 Joachim TaiberをIOTA財団のアドバイザーに迎えてから、我々はインターナショナル・トランスポテーション・イノベーション・センター(International Transportation Innovation Center /ITIC)と正式に提携を結び、協同して自動走行車のテストベッド(試験用プラットフォーム)に取り組むことになりました。

このブログでは、この取り組みについて少し深く掘り下げ、それがIOTAのエコシステムをさらに成長させるだけでなく、ただの分散台帳を超えるものでもあることを明らかにしたいと思います。

モビリティの未来の強化

テストベッドによって最先端技術が生み出せるようになり、迅速なインベーションと開発サイクルの繰り返しによって(その先端技術を)製品レベルまで到達するように取り組むめます。私たちは、モビリィテーとIoTが、堅牢で、安全で、完全に自動化することを確実にする必要があります。

ITICは、グローバルな自動走行車の公開及び非公開のテストベッドのグローバルな開発に特化した非営利財団です。このテストベッドのグローバルなネットワークを通じて、私たちは明日のモビリティを強化するテクノロジーの促進を早めることができます。IOTAもそのテクノロジーの一つとして試験され、グローバルな自動走行車のテストベッドに組み込まれることを望んでいます。

ITICとの提携によって、幾つかのアプリケーションやビジネスモデルのシュミレーションを行って実現可能性を判定し、コンセプトを改善していくことを目指しています。この分野の私たちの取り組みの一例として、今月中に稼働されるスマート・モビリティ・シミュレーターが挙げられます。このスマート・モビリティ・シミュレーターによってIOTAネットワークを通じて乗り物(自動走行車)と充電ステーションが相互作用するスマート充電インフラストラクチャーをセットアップすることが可能となります。

自動走行車に特化した同様の取り組みによって、もっと密接に実生活に基づいた試験環境が可能となり、私たちのモビリティ・ネットワークという未来のテクノロジーの試験が行われています。最終的には、IOTAを乗り物に組み込むことが私たちの究極のゴールです。またITICは、IOTAとデータ・マーケットプレイスでも協同して、テストベッドのデータを共有・販売します。私たちが前回ITICとNetoObjexと協同で行った幾つかの仕事の一例として、電気自動車用のダイナミック・インダクティブ充電に関する取り組みが挙げられます。

他にもとてもエキサイティングなことがあります。ITIC、特にJoachim Taiberは、IOTAのエコシステム基金に関して私たちと緊密に取り組んでいます。私たちはスマート・モビリティのアプリケーションとインフラストラクチャーという未来のエコシステムを資金援助をする仕組み作ります。これに関する詳細は追々発表していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

bkktky

IOTAが引き起こすイノベーションに期待しています