トリニティウォレット 3月のアップデート

この記事は原題『Trinity Wallet — March Update』の翻訳です。
ご参考までに公開します。必要だと思われる部分には言葉や構成を補っています。私の力不足のため、えいやで翻訳されている部分もあります。

トリニティウォレット 3月のアップデート

『Trinity Wallet — March Update』より引用

投稿者 : Navin Ramachandran
投稿日 : 2018年3月22日

“トリニティはいつ?”

IOTAのDiscordの常連はこのフレーズに慣れています。

トリニティは長く待ち望まれているユーザーフレンドリーなIOTAウォレットであり、過去数ヶ月に開発が行われました。私の目には少しの輝きがあり・・・OKOK、Charlie Varley(訳注:トリニティウォレットの開発者)もここで小さな役割を演じてきたかもしれませんが、コミュニティ全体の支持を得てプロジェクトは成長しました。

開発チームはコミュニティのメンバーの支援を受け、モバイルウォレットを新たに高いレベルに押し上げ、デスクトップ版の実装に取り​​掛かりました。しかし、このプロジェクトは、緩やかに管理されたコミュニティプロジェクトであり、最終製品の提供は遅れました。

これは私が手を挙げて責任を取るところです。 この記事は私のカタルシスです。

アクションレビュー後

振り返ると、遅れにつながった要因がいくつかあります。

  • Travisが行ったような、全体のデザインプロセスを思い通りにしたい誘惑( ここ ここ 、そしてここを参照 )。幸いなことに、才能のあるデザイナーの助けを得て、すべてのユーザーにとって心地よいデザインにすることができました。
  • コーディングガイドラインの標準化。 協力者を増やすことに注力した結果、標準化が欠如していました。 これは技術的負債につながりました。
  • Reactネイティブ/ Reactフレームワークの使用。 Reactネイティブは、ネイティブコードに比べてパフォーマンスがあまり良くないため、パフォーマンスの制限を回避するために多くの時間が費やされていました。 しかし、クロスプラットフォームへの対応を簡単に行うことができるため、長期的にはメリットがあると考えています。
  • コミュニケーション – おそらく最も重要な要素です! 良いスタートを切った後、私たちはスケジュールをうまくコミュニケーションできませんでした。 我々は過去数週間にわたり改善を図り、毎週進捗状況を更新しましたが、全体のスケジュールは依然として分かりにくい状況です。

しかし私たちはこれらの問題から学びます。

急速に進化する技術の開発という難しさに加え、パーミッションレス型特有の難しさとが組み合わされると考えると、当初のタスクのサイズの見積もりは過小評価であったと言わざるを得ません!

新しい道

『Trinity Wallet — March Update』より引用

1月までに私たちは多くの進歩を遂げました。
IOTA財団がトリニティプロジェクトを傘下に収め、iOSとAndroid上で250人以上のユーザーに向けた公式のアルファテストを開始するには十分となりました。しかしながら、満足感と個人的な確証があったにもかかわらず、これは大きな旅の始まりに過ぎませんでした。

  • 現在、安全性とセキュリティに重点が置かれています。 IOTAコミュニティに参加する技術に明るくないユーザーの数も増加しています。 これは、フロントエンドの観点とバックエンドのセキュリティ機能の両方から、ウォレットが絶対に安全でなければならないことを意味しました。
  • 私たちは今や、絶えず規制が変化するアプリストアにおいて、認可を得る領域まで入っていました。
  • 私たちが構築した技術的負債には、コードのリファクタリングが必要でした。 また、ロジックの一部を別のモジュールに移動し、他のアプリケーションでコミュニティを再利用できるようにすることも決定しましたが、これにはさらなる作業が必要です。
  • この再設計とリファクタリングは重要な作業でしたが、安全監査を受ける前に、そしてパブリックベータテスト段階に移行する前に、不可欠な作業でした。
  • コミュニティを保護するために、フルリリース前の定期的な監査だけでなく、ベータリリースする前にウォレットを監査する必要があると感じています。

次のステップ

『Trinity Wallet — March Update』より引用

accessec GmbHが主導する監査プロセスが開始されたことをお知らせいたします。 この監査は徹底的に行われ、アプリのすべての機能とその依存関係を検証します。accesecと協議の上、このプロセスは6〜7週間かかりますが、この期間は延長または短縮する可能性があります。いましばらくお待ちいだけるようお願いいたします。私たちは毎週の更新を継続し、予想されるスケジュールをより透明にするよう努めますが、予測は非常に難しいかもしれません。

この審査が完了すると、パブリックベータテストに移行できます。パブリックベータテストでは、誰も特別な招待なしに公式のアプリストアを通じてモバイルウォレットを試用できます。 現時点では、全面的な監査報告書とパブリックレビュー用の完全なソースコードも公開する予定です。

私たちは、IOTA財団の公式アカウントを開設するためにアプリストアに参加しており、その下でトリニティウォレットを公開します。 これは進行中のプロセスですが、これによりウォレットのユーザーの信頼がさらに高まることが期待されます。

デスクトップアルファテストは2週間以内に開始されることが期待されています。 前述のように、アルファテストは小規模な招待されたユーザー向けに行われますが、我々が採用したクロスプラットフォームアプローチを考えると、オープンベータテストへの進展はより早いと予想されます。 再度、セキュリティ監査はベータリリースとフルリリースの前に実行されます。

ご辛抱とご理解に感謝いたします。

トリニティ チーム

ボーナス情報

ベータリリース時に、期待される機能リストは次のとおりです。

– ステートフル – ウォレットはトランザクション履歴の記録とバランスを維持し、ロード時間を大幅に改善します。
– シードストレージ – ウォレットは、あなたのシードを安全に暗号化します。
– シードの生成。
– マルチシードのサポート – 複数のシードを1つのアプリケーションで追加および管理できます。
– スナップショットの移行 – ウォレットはスナップショットを処理します。 スナップショット後にの残高が0になりません。
– ペーパーウォレットの印刷。
– 価格のグラフ。
– QRスキャンに対応。
– 多くの言語をサポート。
– 標準およびエキスパートモード – 経験豊富なユーザーに表示される追加機能および情報
– ローカルおよびリモートPoW。
– テーマ選択 – 8テーマの選択。
– 様々なFIAT通貨への変換。
– 送金時のFIAT通過への自動変換 – 送金はFIAT通貨もしくはIOTAの金額で行えます。
– 2段階認証 – AuthyやGoogle Authenticatorなどのアプリで使用するTOTP。
– 自動プロモーション/リアタッチ。

現在の進捗状況を確認するには、IOTA Discordの#trinityチャンネルに参加してください。 私たちの最後のアルファ更新には、以下の変更履歴がありました:

モバイル

– iOSネイティブアドレス生成をスナップショット移行機能に追加する
– 新しいシード暗号化スキーマの実装を完了する
– 二段階認証キーの暗号化を改善する
– 残高0のときで全て送金のトグルを隠す
– 読み込みアニメーションの更新
– テキスト入力のタッチ範囲を大きくする
– カスタムトグルコンポーネントを追加する
– シード入力ページにチェックサムを追加する
– 2FAのクラッシュを修正
– Androidアイコンの間違いのバグを修正
– 送金エラーで金額単位がリセットされるのを修正
– 履歴のメッセージ表示バグを修正
– アプリアイコンを置き換える
– 設定の更新UI
– プログレスバーのUIを更新する
– 手動プロモーション/再ブロードキャストUIを更新する

デスクトップ

– ウォレット設定UIのオーバーホール
– ページ遷移を追加する
– トランザクションのディープリンクを追加する
– 一般的なバグ修正

クロスプラットフォーム

– 読み込みが遅いバグを修正
– トランザクション履歴更新が遅いバグを修正
– 数字/記号のアカウント名のバグ
– 初期ロード時に格納する最初の未使用アドレスを追加する
– ギリシャ語のサポートを追加する
– 新しい翻訳を追加する
– コードリファクタリング
– テストカバレッジを追加する
– 明るいテーマと暗いテーマを更新する

Todo (全てではない)

– Androidネイティブアドレス生成
– さらなるコードリファクタリングとテストカバレッジ
– その他のバグ修正
– tryte変換スコープの調整/変換の最適化
– アプリ内バグレポート

以下のビデオでは、オンボーディング、送金取引、設定などの重要なウォレット機能の概要を説明します。 これにより、私たちのコミュニティは方向性を示す良い指標になることを願っています。

オンボーディング

2つの口座間の送金 – マルチシードのサポート

設定メニュー

最後に、、、
デスクトップクライアントのティーザーとトリニティのデザイン全体の発展的改革

デスクトップ版のオンボーディング-提案されている方向性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

hotic

IOTAが拓く未来に期待しています。技術で未来をきりひらきましょう。