IOTA White paper ver.1.3 の日本語訳

IOTA White paper ver.1.3 (日本語訳)

IOTA(というかIOTAの基幹理論のTangle)のWhite paper ver.1.3の日本語訳です。

iota1_3jp(2017年10月9日公開)

White paper ver.1.3の原著はIOTAの公式サイトにあります。

ver.1.2からの主な変更点
  • 原著者の名前から「for Jinn Labs」が消えた。
  • 3章のチップの数の\(L_0\)についてよりわかりやすく書いてる。
  • 3章でチップが前の2つのトランザクションを参照する代わりに無限個のトランザクションを参照する場合についても少し言及している。
  • 3.1節の数式から\(\ln2\)が消えた。
  • 4.1節で追加の保護手段としての「モデルチップ」について言及している。に伴い、ランダムウォーカーの後戻りについても少し書かれてる。
  • 謝辞にBartosz Kusmierzさんが追加されてる。
訳者から
  • ver.1.2よりも少し分かり易く&内容も少し追加されてていい感じです🙂
  • macOS High Sierraにアップグレードしたら、dvipdfmxでヒラギノフォントが使えなくなって、半日費やしたけど、使えるようになってよかったです😆
  • 間違いなどがありましたら、お気軽にお知らせください🙂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です